12mm厚の板が引き戸になるレール



色々な板材で、引き違い戸が作れるアルミ製のレールです。

既存のボックスに扉を付ける・ボックスもDIYで作って扉を付ける。どちらの場合も使用できます。

板厚が12mmであれば、合板・集成材・無垢板材など材種問わず使用できます。

専用のレールなので、簡単に美しく、好きな大きさで扉を作成する事ができます。

12mm厚の板が引き戸になるレール_シルバー_使用イメージ
12mm厚の板が引き戸になるレール_ブロンズ_使用イメージ

様々な素材で引き違い戸ができます。


色んな種類の合板の画像

板厚が12mmであれば、材質問わず使用ができます。(端面が削れやすいもの・歪みが発生するものは不可)

例えば、

  • 針葉樹合板
  • シナ合板
  • ラワン合板
  • ファルカタ合板
  • ひのき合板
  • OSBボード
  • 無垢板材
  • カラーボード

など。


Lineup


12mm厚の板が引き戸になるレール

  • 長さ ⇒ 900mm・1200mmの2種類
  • 色 ⇒ シルバーとブロンズの2色 (セット内容:レール上下・取付用ビス)
シルバーレールとブロンズレール
12mm厚の板が引き戸になるレール_図面

品番 品 名 長さ 入数
70-526

12mm厚の板が

引き違い戸になるレール

900mm

シルバーアルマイト

1セット
70-527 ブロンズアルマイト 1セット
70-528

12mm厚の板が

引き違い戸になるレール

1200mm シルバーアルマイト 1セット
70-529 ブロンズアルマイト 1セット

取付け方の例


※.すでに外箱ができていて、そこに扉を付ける事を想定して説明します。

外枠も含めて作る場合は別記事をご覧ください。(準備中)

① 扉の大きさを決める

扉を付けたいボックスの内寸を計測します。

扉の大きさは、以下のように決めます。(扉と扉の重ね幅を30mmとした場合の設定)

  • 扉の高さ=ボックスの内寸高さから、13mmを引いたサイズ
  • 扉の横幅=ボックスの内寸横幅を、2で割って、15を足したサイズ

これで、扉の大きさが決まりました。決まった大きさで、12mm厚の板をカットしておきます。

② レールをカットする

必要があれば、レールを金切鋸でカットします。

ボックスの内寸横幅に合わせますが、3mmほど短く設定することをオススメします。

アルミ製のため、電動工具を使用しなくても、金切鋸でカットできます。

切り方に関しては、⇒『DIYで金属を切る方法』の中のアルミの型材をカットする部分をご覧ください。

③ レールに下穴を開ける

レールの中心にV溝があるので、このラインに沿って、3.2~3.5のドリルで付属のビスの本数分の下穴をあけます。

  • 900mmのレール 付属ビス12本(上レール6本+下レール6本)
  • 1200mmのレール 付属ビス14本(上レール7本+下レール7本)

中心のV溝

3.2~3.5のドリルで下穴


上下レールとも、同じように下穴をあけます。

ポイント
下穴を端にあけすぎると、取り付けの時に、ドライバーを回しにくくなります。端部の下穴は、端面から18mm以上あけると施工しやすくなります。
④ 付属のビスで固定する

上レール・下レールを良く確認して、付属のビス(タッピング鍋頭3×12)で固定します。

レールの溝に、ビスの頭部がおさまるように、まっすぐに打ってください。

溝からビスが飛び出ていると、引き戸がスムーズに動かなくなります。

⑤ 扉を取り付けて完成

最後に扉をレールにはめて完成です。

奥側になる扉から、上レールから入れて、下レールに落とし込むようにはめます。手前側の扉も同様に取り付けます。

How To


〈12mm厚の板が引き戸になるレール〉を使用して収納を作っている記事もあります。

fort2×4材金具でソファを作る

12mmの合板に使えるアルミレールを使って引き戸付きの棚を作ってみました。


Package


上下レールと取付けビスがセットになった、吊り下げパッケージとなります。

パッケージイメージ(実際のものとは異なる場合があります)
パッケージイメージ(実際のものとは異なる場合があります)

12mm厚の板が引き戸になるレールに関するご注意:

 

1)柔らかい木材を扉にした場合、端面が早期に摩耗する事があります。

2)板に反りがあると、レールに、はまらない事があります。歪み反りのないものを使用してください。

3)レールの長さには、公差があります。製造工程により、若干の長短が発生します。

4)カット時など、鋭いバリが発生する事があります。取り扱いに注意してください。

5)使用する工具の取り扱い説明書を良く読み、安全に留意して作業してください。