・ニュートン単位って何?使用荷重・耐荷重が良くわからない…。

アンカー・棚受け・金具など、耐荷重が知りたくて、説明書きを見ると[耐荷重:〇〇kN]という表記が書いてあって、どういうこと?ってなったことありませんか?実はこれが今の正しい荷重表記なんです。難しい説明は抜きで簡単に説明をしていこうと思います。



ニュートン単位とは・・・?

 新計量法が1993年11月に施行されたことによって、力を表す単位がニュートン(N)に変更になりました。それまでは、キログラム(kgf)という非常に分かりやすく、馴染み深い数値でしたが、これによりアンカーや棚受けなど使用荷重・安全荷重・など耐荷重表記がされるものには、ニュートン単位が使用されるようになりました。

 

【ここから、小難しいので読み飛ばしOK】

 

ニュートンでいう1kg重は約9.8Nになります。

この場合の9.8は、上から下にものが地球の重力によって落下する際に受ける重力加速度が、9.8 m/s2であるためです。

1000gを9.8で割ると102gになるため、つまり、1Nの力の大きさは、手のひらに小さ目のリンゴの約102gのものを載せた場合に、手のひらが受ける力の大きさになります。

Nの単位は、イギリスの物理学者のアイザック・ニュートンが万有引力の法則をりんごが木から落下するのを見て見つけたと言われていることに由来しています。

 

自分も良く分かりませんが、Wikipediaに記載があったので引用します。

難しい数式で定義すると以下のようになるそうです。

 

ウィキペディア(Wikipedia)より引用
ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ここまでで、ニュートン単位の概念はご理解いただけましたでしょうか?

難しい部分は、そうなんだレベルで構いません。

 

【ここまでで、小難しい記事終了!】

 

ニュートンをキログラムに変換する方法

 では、本題です。アンカーなどの使用荷重表記を煩わしいニュートン単位から、なじみのあるキログラムに換算する方法です。小難しい文章の中でも書きましたが、1Nは、約102gです。ですので計算するには以下のようになります。

 

ニュートン単位 ⇒ キログラム単位に換算

 

 

1N  ≒ 0.102kgf(102g)

1kN ≒ 102kgf となります。

 

表記の耐荷重や使用荷重が例えば5kNとの記載があった場合は、

5×102kgf=510kgf となります。

 

参考までに、逆も記載しておきます。

 

1kgf   ≒ 9.8N

100kgf ≒ 9.8kN となります。

 

まとめ

 

 はっきり言って、もともとキログラムで表記してくれた方が分かりやすいと思いますが、キマリはキマリなので理解しないといけないですね。確か、同じ時期に天気予報の気圧の単位がミリバールから、ヘクトパスカルに変わりました。これも初めのうちは違和感がありましたが、慣れたというか何というか・・・。もともとミリバールって何?って感じだったので、自然と受け入れていましたが。ただ、キログラムは非常に馴染み深い単位であるので、慣れるのには時間がかかると思います。もし、商品説明にニュートン(N)単位が記載されていたら、102を掛ければいいんだなと思っておいてください。

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ!