失敗なしのクランプスシェルフで簡単ラックを作る。



クランプスシェルフ_メインバナー

 

こんにちは。このコーナーには初めて登場のたくろうです。

 

今回は、『棚を作りたいけど、どうやって作るの?電動ドライバーがない・・・。ビスを止める音が近所迷惑になるかも・・・。』そんな多くの不安を解消できて、簡単に作成できるクランプスシェルフをご紹介します!!!

 

クランプスシェルフとは・・・名の通り木材を挟めるだけで、簡単に棚を作れる商品です。

必要工具は5mm用の六角レンチだけ。それでは早速作っていきましょう。

 

丁度、クローゼット収納として妻より作成依頼がありましたので頑張って作っていきます。

 

『クランプスシェルフ作成レシピ』

  

-用意するもの-

 

クランプスシェルフ 増段セット 高さ250mm 4台

クランプスシェルフ 基本セット 高さ250mm 2台

六角レンチ     5mm用 1本

アジャスターボルト 4個(2個入りを2袋)

中間支持金具セット 1袋

1×4材を必要本数 

クランプスシェルフのパッケージと1×4材
クランプスシェルフと部材を準備

ここから作り方

 

まずは、ホームセンターで販売している1×4材を必要な長さにカットしていきます。

大体どこのホームセンターでも購入できます。

 

今回は800mmを6本と400mmを3本でカットしてもらいました。

 

カットした木材をクランプスシェルフ増段セットに置いていきます。

はじめに、クランプスシェルフの増段セット(下段になるシェルフ)に付いているボルト・ナット・バネは外して下さい。 

クランプスシェルフ_作り方1
増段セットのバネとナットとボルトを外すの図!

  

バネなどを外した増段セットの上に1×4材を並べていきます。

バランスを見ながら並べてくださいね。 

 

クランプスシェルフ_作り方2
1×4材をキレイに並べるの図

 

その上にまた、増段セットを重ねて木材を嵌め込んでいきます。

外したボルトとナットを木材の間に入れて締結します。

 

軽くナットを締め、木材の位置を調整すると綺麗に仕上がります。本締めするまでは自由に調整できます。

 

ナットを締める際は、裏返しにすると締めやすいですよ!

クランプスシェルフ_作り方3
増段セットの上に増段セットを重ねるの図

 

最後に、基本セットをクランプして、ボルトとナットを締結し木材の間に中間接続ネジセットを止めれば・・・。

 

はい出来上がり!!!!  

 

クランプスシェルフ_完成画像1
クランプスシェルフ_完成
クランプスシェルフ_完成画像2
クランプスシェルフ完成画像_設置

 作業時間は、何と・・・何と・・・!!!!!! 

 

10分もかかりませんでした!!!


 追記:中間接続ネジセットは、ひな壇状にシェルフを組む時に使うものです。 

    あまりにも説明省きすぎたので追記しておきます。

クランプスシェルフ_中間接続ネジセット
中間接続ネジセット
中接続ネジセットの使い方の絵
中間接続ネジセットの使い方


 

簡単でスピーディーに棚を作れました。

クランプスシェルフなら忙しい方も不器用な方も誰でも、オシャレでオリジナリティ溢れる棚を作成できます。

 

ちなみに、私は超が付くほどの『ぶきっちょ』です。

 

これで、グチャグチャだったクローゼットも綺麗になりました。

本棚や洋服の棚などシーンによって色々な場所で活躍できます。

今回はクローゼット収納ですが、玄関の靴棚としても使えますよ!

後は奥さんが上手く活用してくれればいいんだけど・・・(笑)

 

はじめての投稿、

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

次は、ベランダ男子になってクランプスシェルフを紹介します。

更新したら是非読んで下さい。  

 

それでは、また会う日まで。さよ~なら~^^


\ この記事を書いた人 /

たくろう

常々ホームセンターに出入りしている営業担当。なのでホームセンターには少しだけ詳しい。

性格軽めで少しチャラめ。かなり不器用で作ったものに上司からガッカリされる事もあるが、チャレンジ精神だけでDIYにトライ中。DIY初心者に寄り添う心だけはもち合わせる人物。



↓スーパー拙い説明だったので、クランプスシェルフに関して詳しくは下記をご覧ください。↓

クランプスシェルフの商品紹介バナー
クランプスシェルフ PR

よろしかったら、こちらの記事もどうぞ!



Copyright 2016 DIY industrial design. 

自分たちが使いたい!と思う金具を日々オリジナルで企画しています。

こんなのがあったらいいなって思ったら是非、ご連絡ください。

カタチにして皆様に使っていただけるように努力します。



We have many thanks for you.